胡散臭さ
本文へジャンプ  

 


■胡散臭さ

胡散臭さについて1ページ使うのもちょっと気が引けるが・・・。

「胡散臭くない!」というと余計胡散臭くなるし、「胡散臭いです」というとやっぱり胡散臭い。後戻りできない状態になってしまうのがかなりきつい・・・。

●このサイトは怪しいサイトじゃないの?
 怪しいと思うのはもっともである。世の中には詐欺まがいのサイト、悪徳商法のサイトなど、怪しいサイトが氾濫しており、中には人をだましてお金をとろうとするサイトもあることは事実である。このサイトも怪しいのではないか?と思うのは当然といえば当然である。自分でいうのもなんだが、このページはそんな怪しいページとは違う。「違う」と言うと怪しさが増すので困ってしまうが・・・。違うと言ったら違うのである。余計怪しさが増すような気もするな・・・。まあ、ありそうな疑問に一つ一つ答えてみたいと思う。

●このサイトは何かを買わせようとするサイトじゃないの?
 誤解の無いようにこれだけは説明しておきたい。商売が目的のサイトではない。確かに、収入があれば正直チョット(かなり?)うれしいが・・・。(どういう仕組みで収入が発生するのか気になる人は下の「クリックすると良くないことが起こるのではないか?」も参照を)レンタルサーバー代ぐらいになればと思ったこともあるが、別に1円も収入がなくても続けるつもりなので商売をするのとはちょっと違う。このサイトの基本理念に示したとおり、地域医療に携わる人(自分を含めて)が少しでも楽に、楽しく診療が出来ることを目的としたサイトである。

●クリックすると良くないことが起こるのではないか?
 自分で言うのもなんであるが、このホームページのすばらしいところは、ホームページを作る方も、利用する方もお金を払わなくていいところである。どこをどんな風にクリックしても、それだけで料金が発生することは無い。ホームページを見る人に、余計なお金を払わせずに、双方が利益を得ることが出来るのがいいところなのである。ホームページから本などを購入すると、紹介料(広告料)が企業から支払われる仕組となっている。正直、このホームページから購入してもらえれば、私は非常にうれしい。利用する方々に迷惑をかけるようなシステムでないことは断言できるが、それでも、なんとなく気が進まないのであれば新たにページを開いて普段どおり注文してもらっても全くかまわない。(もちろん、お金を払わなくてもいいとは言っても、購入した本などの料金は自分で払わないといけない。まあ、当たり前か。)

●作っている人が怪しいのではないか?
 誰が作っているのか分からないネットの世界では、そんな風に感じても仕方が無いだろう。私の自己紹介も参照していただきたい。ネットの世界では様々な人が情報を発信しているのが利点でもあり、欠点でもある。悪意のある情報を発信している人も多いと思うが、こっちは真面目に運営をしているのだ。真面目なサイトに迷惑をかけるような悪いやつは許せん!

●情報が信頼できないのではないか?
 まあ、情報は信頼できないといえばいえないかもしれない・・・。自分で自分を信頼できるかと自問すると、うーん、50%くらいは信頼できる気もするが・・・。眠かったり、面倒くさかったりして気合の入らなかった部分も多々ある・・・。ROCKY NOTE(ロッキーノート)とは私の日々の診療の足跡のようなものである。これだけは言っておきたいが、間違い、不適切な表現、誤字・脱字は必ずある。それでも、そのとき思ったり感じたりしたことを素直にまとめていきたい。この点は許してほしい。


HOME ホーム